ロゴ

心身が辛い更年期を乗り切ろう!漢方という強い味方

漢方

更年期に現れる様々な症状

40代を超えると更年期の症状が出始める人が増えます。主な症状としては、自律神経や精神的な症状を感じることが多く、人によっては腰痛や筋肉痛になりやすいということもあります。そして、自律神経の部分ではのぼせや発汗の他に動悸や慢性的な疲労を感じることが多いです。特に、イライラやのぼせは多くに人が感じることで、日常生活に支障をきたすこともあります。それと同じ用に発生するのが精神的な部分で、情緒不安定になったり、抑うつ状態になったりすることもあります。症状がつらくなると動くのも嫌になったりすることもあります。特に、生理不順になっているときなどに起こりやすいです。そのため、体調管理に気を付けることと、漢方を使うことでかなり症状を緩和することができます。

漢方

症状を緩和する方法

更年期の辛さは人それぞれですが、対策をすることで症状を緩和することができます。本当につらい時には病院で診察をしてもらい薬によって抑えるということもできます。しかし、病院に行く以外にも漢方を取り入れて症状を緩和するという方法があります。漢方は薬と違い即効性はないものの緩やかに改善できるため、体への負担も少ないというメリットがあります。そして、自分の症状に合わせて選ぶことが大切です。例えば、のぼせがある場合には桂枝茯苓丸が効果的とされています。それに加えて、下腹部の違和感も改善できます。次に疲れやすくなったりイライラしがちなであったりの場合には加味逍遥散を取り入れることで感情のコントロールがしやすくなります。更年期は気分の変化が激しいため、うまく取り入れることで生活を楽になっていきます。もちろん、服用をする時には薬剤師やカウンセラーと相談をしながら選ぶことも大切です。